キトサンは関節痛にも効くのですか?関節痛に効果があるキトサン(グルコサミン)

■キトサンからグルコサミン
キトサンは、もともとは高分子(分子量が大きい)の物質ですが、加水分解をして低分子にしていくと、「グルコサミン」になります。グルコサミンという名前は、最近よく耳にしますよね。キトサンから作られるグルコサミンは、ひざの痛みなどに効くサプリメントとして売り出されています。

■グルコサミンの特長
高分子のままのキトサンは体内に吸収されづらく、その特徴によって余分な脂や老廃物を吸着して体外に排出してくれる作用がありますが、グルコサミンは低分子のため体内に吸収され、関節や皮膚の修復を助けます。関節を構成する物質は、加齢などによってダメージを受けると修復を求めるシグナルを出すのですが、グルコサミンはそのシグナルを、関節を修復する関節組織に伝え、スムーズに快復させる重要な役割を担っています。

また、グルコサミンは関節の軟骨に欠かせない物質であるヒアルロン酸の構成成分のひとつです。サプリメントなどで補うと、関節の元気を取り戻す効果があるのです。

■大人気のグルコサミン
グルコサミンは、変形性膝関節症を代表する関節の痛みに悩む多くの人が服用し、その効果を実感しています。リピート率が高いことからも、その確かな効きめがわかりますね。高齢化社会が進むにつれ、関節痛を持つ人が増えていることもあり、サプリメント業界でも急激に市場規模を拡大しています。

■関節だけにとどまらないグルコサミンの効果
グルコサミンがヒアルロン酸を作る物質のひとつであるということは、グルコサミンを摂取することにより、上質のヒアルロン酸を増やすことができるということです。ですから、軟骨だけでなく、美しい肌や髪の毛を作る効果もあるのです。最近では飲むだけでなく、グルコサミンを配合した化粧品も増えていて、保湿・保水効果で塗る美容法としても注目されています。

キトサンからから生まれるグルコサミンは、摂取したり塗ったりすることによって、幅広い効きめで快適で美しい毎日が期待できるのですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ